NBAやらBリーグやら

バスケ好きのおじさんの独り言

名古屋にボコられる

さて、オーバーカンファレンスということで西地区の名古屋とビーコルセアーズはやりあったわけですが、2戦ともまけました。

今日の試合は接戦だったようですが、接戦を落とすのは弱い証拠でございます。
弱い理由は何か?です。

まず、自分の基本はNBAです。
そこから考えると、NBAは1試合が48分。
Bリーグは40分です。
つまり2割時間が少ないわけなので、Bリーグで80点ほどとればNBAの100点ゲームですね。

じゃ、ビーコルセアーズはと言うと、勝つ試合は80点くらい点を取れていますね。
負ける試合は60点台が多い。NBAだと、70点くらいです。
そりゃあNBAで考えると70点しかとれないチームが勝てるわけない!
試合を見ている限りでは、凄いディフェンスをするチームでないので問題は得点が安定して取れるか?です。

現時点では取れません。取れる選手がいません。

帰化選手と外国人枠の選手が微妙です。
パプちゃんはオフェンスの選手ではない。
パーカーも波が凄い。アウトサイドから入る日は得点稼いでいますが入らないとそんなに印象に残りません。
ウォッシュバーンは良いですが、この人もアウトサイドが弱いんで爆発力にかけます。
この三人が基本的に3番より上のポジションです。

安定した得点が必要なら、ガードを強化すべき。
ビーコルセアーズのガードはかなり弱い。

センターができる日本人を獲得してパーカーの枠を外国人ガードに変えましょ。
または、パプの枠をオフェンシブな帰化選手に変えよう!

にほんブログ村 その他スポーツブログ NBAへ
にほんブログ村