NBAやらBリーグやら

バスケ好きのおじさんの独り言

ビーコルセアーズは80点取れたら少しだけ強い

前々から言ってますが、横浜ビーコルセアーズが試合に勝つ大事な数字として、得点が80点取れるか?がめちゃめちゃ大事。

この80点と言う数字、高く聞こえるかもしれないが、試合時間の差で見れば、NBAでいうと約100点です。 無茶な数字じゃない。

ディフェンスとリバウンドも弱いビーコルセアーズは、オフェンスでこの80点を取る攻め方をしないと話にならない。

ただ、オフェンスチームは安定しない。 ビーコルセアーズもやはりそうで、強豪相手にいい試合をするときもあるが、取りこぼしが多い。

先日と同じで、今日も東京戦。 前半終わった時点で、44対40で勝ってます。 おお!良い感じ。

って思っていたら、ツイッターでこんな情報。

f:id:hariwasabi:20170122164812j:plain

ツイッターでは、2点差!って言ってますが、それより気になるのが失点ですわ。 ラスト4分50秒から1分までの約4分で相手に13点も取られとりますよ。 まじでディフェンス弱いな。

やはりオフェンスしかないわけです。

んで、

f:id:hariwasabi:20170122165640j:plain

ディフェンスは無視といいたいが、この間の新潟と同じで勝てそうな試合の4クォータに30失点するのやめてほしいな。 オフェンスの話に戻ると、80点オーバーならやはり接戦には持ち込める。

ただこの試合、パーマーの3POINTが最初になぜか入った。 4クォータにウォッシュが爆発したから80点超えたみたいだ。

大事なのはウォッシュです。 彼はシュートを選んでいるっぽいですが、シュート率がめちゃ高いです。 現在チームの得点王ですが、平均16点くらい。もっと打っていいと思うんですわ。明らかにウォッシュから始まるセットアップがない気がします。

強みをもっといかした戦略を考える!これが監督の仕事じゃないの?

だから、監督を変えろといつも言うわけでございます。