NBAやらBリーグやら

バスケ好きのおじさんの独り言

ビーコルセアーズ、3ポイントシュートがないチームの末路

さて残留プレーオフが決定してしまったビーコルセアーズ。 ここ数試合のデータから改善しないと降格しちゃうよ!って部分を洗い出してみましょう。

ビーコルセアーズは3ポイントシュートが入りません。 20年前なら3ポイントシュートは選択肢としてファーストオプションにはなりませんでしたが今は違います。 効果的なオフェンスとして3ポイントシュートは重要さを増しました。

ディフェンスが弱いチームが得点力不足というのは悲惨でしかない。 プレーオフでは3ポイントを打ちまくるチームでいいんじゃないでしょうか?

試合運び的には、シンプルにそして早く攻める。

ボールを奪ったら早く運び、15秒以内にさっさと3点を打つようなフォーメーションにする。 まあNBAのゴールデンステイトに似たチーム方針ですが、背の低い日本人にはめちゃ向いている戦略だと個人的には思っていて日本で浸透させてほしいんです。

是非ビーコルセアーズがその第一人者になってもらいたいもんです。

今のビーコルセアーズではプレーオフで勝っている姿がなかなか描けません。 負けたら終わり。 ここは大胆な改善策を!