NBAやらBリーグやら

バスケ好きのおじさんの独り言

Bリーグ、Jリーグを真似るのはやめたほうがいい

さて、わがビーコルセアーズは秋田とね残留戦になんとか勝ちまして延命したわけですが、秋田との試合を見ていているとBリーグが目指す方向性はサッカーでも野球でもなくバスケットであり大成功しているリーグのNBAを目指したほうが良い部分がかなりあります。

まず、プレーオフの対戦フォーマットです。 2戦先勝はまだゆるせますが、勝率が良いほうのホームでのみの試合ってのは糞ルールです。 また、地区1位以外の順位は通して勝率で決めるべきです。もしそうであれば千葉の位置がかなり変わって、1回戦から栃木とあたりませんでした。

このあたりNBAでも少し前にルール改正したくらいなんだからしっかりしてほしい。

次に、やはり降格は合っていないですよ。 例えば秋田の田口。 オールスターの3ポイントチャンピオンが2部リーグにいっちゃいましたよ。 田口からすれば嫌なら移籍したら良いでしょうが、田口を失った秋田はどうなるのか?

バスケは日本ではマイナースポーツです。 バスケ好き以外にも見てもらわないと先が明るくなりません。 だからスターを育ててしっかりバスケの楽しさを伝えて子供達の夢にしないといけないわけです。

コアなファン以外に気軽に見に来て貰うためには、弱小チームであろうがスター選手がずっとこのチームにいる!という安心感を選手にもファンにも与える事でフランチャイズプレイヤーが本当に育つんじゃないかとおもいます。そうする事でファンも安心して応援できるかと。

NBAを真似てマーケティングしていきましょう。