NBAやらBリーグやら

バスケ好きのおじさんの独り言

ビーコル、国際プールで初勝利

試合前からアレクが登場しとります。

f:id:hariwasabi:20171104230111j:plain

さて、ビーコルですが、前節で10万人達成ということで、いろいろ企画していますが客入りは悪いですね。 ガラガラでして結果は2600人ほどでした。 やはりもう少し強くなってもらいたいってのがブースターの本音ではないでしょうか?

f:id:hariwasabi:20171104230351j:plain

試合相手は三猿です。 田渡兄や、元ビーコルの岩田なんかもいますんで期待です。が、1番の期待は三猿のマーティンです。 この人みたいなのがビーコルに欲しいです。

さて、試合開始直後だけ10点差ほどになり、ビーコルはいきなりやばくなりますがなんとか追いついてから接戦になります。

相変わらず3点シュートのアテンプトは少ないですが、パーマーのシュートがよく入るため接戦になったと見るべきでしょう。マーティンに張り合ったんですかね。 あと、サビートはディフェンス面でかなりの存在感あります。正直、オフェンスは良くないですが、ディフェンスでドライブしてくるシュートに対してはいるだけでかなり効果が有りそうです。 ファイルアウトしなくなり、我慢強くなりました。

後半始まっても接戦ですが、ラスト20秒を切ってから川村卓也フリースローですが、両方決めれば3点差になるところを全て外してしまい1点差のままリバウンドがマーティンの手に。 かなりまずい状態でしたが、ここから田渡リョウが執念のスチール!

結局田渡にファウルがありアンスポで、結果、ビーコルが逃げ切りました。

田渡はターンオーバーしたり、足を負傷したような場面もありかなりフラストレーションが溜まっていたのかもしれません。ベンチに下がっても、座らずずっと動いて歩いたり走ったりしている状態でした。

これで何か吹っ切れてくれたら最高ですね。

試合は勝ちましたんで明日も連勝といきたいですが、やはり腑に落ちない部分があるので文句。

監督の選手交代のタイミングです。 第一クォーターで一時期10点差ほどありましたが、追いついたらすぐに、田渡と川村卓也を変えました。 なんであのタイミングなんだろうか? 追いついたあと、得点がとまったならわかるんですが、追いついたら変えたんでよくわかりませんわ。

細谷もめっちゃ大事に行きたい時にターンオーバーするのやめてほしい。 パーマーがファウルアウトしましたが、その原因が細谷のターンオーバーです。 大事な時にミスが目立ちますが、勘弁してほしいです。

さて、明日勝てば連勝です。 20戦終わった時に8勝12敗くらいまで立て直してもらいたい。 あと8戦で5勝3敗の計算なりますが、少し苦しいな。。

やはり60点台なオフェンスだと厳しいなー

アウトサイドシューターがほしい。