NBAやらBリーグやら

バスケ好きのおじさんの独り言

ビーコルセアーズ、外から打てる外国人を獲得

アマンゼエゲケゼ。

 

http:// https://youtu.be/DAWgo-KqrtE

 

聞いたことないですが、NCAA一部のベルモント大学出身のルーキーです。

ハイライトでプレーを見ましたが、3ポイントが得意なフォワードで、現代風に言えばストレッチ4ってやつですかね。

 

ビーコルの帰化前提であるエドワードモリスがいるのもあり、コテコテのインサイド選手じゃない人を選んだのは流石ウィスマンです。まあ、後一人はコテコテかもしれませんが。

 

過去2シーズンは外がないチームであり、川村卓也が当たらないと厳しい試合展開からはかなり改善されそうです。

 

またアマンゼは大学の4シーズン平均で1試合6本以上のアテンプトがありながらも3点成功率が40%を超えています。

あと、勉強も凄くできるらしく、クレバーなプレーなんかも期待したいですね。

 

人事がちゃんとした人に任されたビーコル。

ウィスマンは3年計画あたりを考えてそうですが、やはりチームスポーツのチーム作りはこうでなくちゃ。

ガード過多な気はしますが、今のビーコルで昨シーズンから残った人は、

・3点シュートがある程度入る。

・ディフェンスを頑張る

の、どちらか。

 

やりたいバスケはここからも想像しやすい。

ディフェンスがんばってオフェンス時は早めのテンポで出来れば外から決めるって流れかと。

 

さて、後一人、外国人をまずは期待しましょう。